『親切に・丁寧に・迅速に・正確に』女性ならではのきめの細かいサポートを致します。お気軽にご相談下さい。行政書士 井上小百合

『親切に・丁寧に・迅速に・正確に』女性ならではのきめの細かいサポートを致します。お気軽にご相談下さい。行政書士 井上小百合

離婚を考えている女性の方へ

離婚は現実的な問題です。離婚を切り出すのが男性側でも、女性側でも、 「子供」 と 「お金」 の問題は避けて通れません。離婚に関するトラブルの上位が 「親権」、「慰謝料」、「財産分与」、「養育費」 で占められています。書面できちんと取り決めすることによって、あなたに有利に運びます。

また女性の場合、知っておくべき点がいくつかあります。例えば

  • DV(ドメスティックバイオレンス)の被害者の場合、深刻な被害を受ける前に対処が必要
  • 専業主婦をしている女性が子供を連れて離婚する場合、
    男性から養育費や生活費がもらえない等のために「児童扶養手当」を申請することができる(場合によっては「生活保護」の申請もすることができる)。

《養育費例》
親権者:妻 養育費義務者:夫 子供:5歳、3歳(2人)の場合

養育費:月額5万円 期間:第2子が大学卒業するまで
※あくまで一例です

行政書士としての予防法務の立場から、また、法律の問題だけに留まらず心のケアに重点をおいたアドバイスを心がけています。

あなたにとって最善の解決策が見つかるよう、最大限のサポートを行います。

まずはお気軽にご相談ください。

Copyright © 2020 行政書士井上小百合法務事務所 All Rights Reserved.

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満5丁目9番3号 アールビル本館4階,06-6360-4750

ページの先頭へ戻る